医師の当直求人と問題となっていたこと

医師は稼ぎのよい職業であるという認識が世間一般ではなされていますし、実際に医師には外車に乗って羽振りのよい人も多くそのようなことから、医師という職業というのは平均的なサラリーマンと比較すると勤務医でも多くの収入を得ているというのは本当のところかもしれませんね。しかしながらそのような高級で知られている医師も研修医という時代を過ごしてきており、研修医の期間というのは非常に安価でこき使われているような状態であったのだといいます。そのため研修先の医療機関から支払われるお給料では医師が生活できないため、他病院の当直アルバイト求人などを見つけて、求人応募し研修先の病院の勤務に支障がでない時間帯で当直のアルバイトをするというのがある種当たりまえのように行われてきたそうです。中小の病院では常勤医師だけでの当直ローテーションでは賄いきれないため、このような研修医の当直アルバイト求人募集で、医師の人員を確保していたため、研修医にとっても医師当直求人を出している病院にとっても利害関係が一致していたようですが、求人募集が研修医だということもあって、実際に入院患者が急変した際などに事故が発生したり医師自身も不安に思いながら勤務するなどという問題点も多かったのだといいます。

医師の当直求人の変化

以前は研修医の収入のほとんどは、研修先の病院での勤務で得られるものではなく、当直アルバイトなどで得られる報酬だったのだといいます。研修医の稼ぎというのは、研修先で支払われるものは非常に少なかったために、研修先病院での勤務時間が終了したらそのまま他病院で当直勤務をするということを週何日もしていた研修医も当たり前のようにいたようですが、それゆえに経験の少ない医師の勤務中での医療事故が発生したりと問題となっていたことも多かったようです。そのため2004年に研修先の病院は研修医の生活を保障することというのが法律で義務づけられたといいます。医師の当直アルバイト求人というのは、未だ多く見ることが出来ますし、中小規模の病院では医師の当直をアルバイト求人募集によりまかなわなくては常勤医の勤務に響くという問題点があるため、医師の夜間勤務の求人を行うというのは必要なことであるのだそうです。今は研修医の給与も多くなったことと、研修先病院で研修医のアルバイトを禁止していることが多いことから、当直アルバイト求人への応募は研修期間を終了した若手医師が中心となっているようですが、2008年には病院で禁止しているにも関わらずこっそりと当直アルバイトをしていた研修医が大量に発覚するという事件もあったようです。

 

医師は手術する側ですが、中絶費用や損害賠償についても理解しておくことで、女性からの信頼も厚くなるかもしれません。もちろん中絶を担当する医師の場合ですが。中絶費用や賠償請求については、様々なケースや事情での中絶がありますので一概に費用を請求できるとは限りませんが、よくあるケースくらいは頭に入れておくべきでしょう。